掲載価格について

[一枚板(天板)]と[仕上げ加工費(天然オイル仕上げ・サイズカット)]を含みます。

※テーブルの脚・特殊オイル・運搬設置費は別途費用が発生します。






O-001

鹿の子 | Kanoko
850 × 270-540 × 30 mm
¥52,431(税込)

樹皮が鹿(しか)の子の体の模様に似ていることが「鹿の子」名前の由来と言われています。暗褐色と称されるやや黒味を帯びた褐色は、落ち着いた重厚感を醸し出し、存在感を放ちます。

本材は木の形をそのまま見て取れる形と耳(木の皮)を触っても木の心地よさを感じることができます。サイズ以上の力強さがあり、ソファーやベッドのサイドテーブル、もしくは花台としてご使用いただく一枚としておすすめです。

O-002

檜 | Hinoki
1960×420-490×30 mm
¥132,432(税込)

日本書紀に「ヒノキは宮殿に使いなさい」と書き記してあ るように、古来より日本では最良材とされ、世界最古の木造建築である法隆寺にもヒノキが使用されています。 尊く最高のものを表す「日」から「日の木」とされた由来があるとも言われています。

日本人が慣れ親しんだ檜の香りはリラックス効果が高く、心地よい空間をつくり出します。

本材は、明るい色合いと全体的に点在する檜らしい節跡が特徴的です。カウンターテーブルとしてゆったり余裕を持って2名がけとしてお使いいただけます。

O-003

檜 | Hinoki
1975×465-500×55 mm
¥259,437(税込)

日本書紀に「ヒノキは宮殿に使いなさい」と書き記してあ るように、古来より日本では最良材とされ、世界最古の木造建築である法隆寺にもヒノキが使用されています。 尊く最高のものを表す「日」から「日の木」とされた由来があるとも言われています。

日本人が慣れ親しんだ檜の香りはリラックス効果が高く、心地よい空間をつくり出します。

本材は、しっかりとした厚みがあり、檜に多くみられる節跡が少ないため全体的に落ち着いた印象を持つ一枚です。


掲載はショールームに展示している商品の一部です。ご希望に合わせた材のお探しも承りますので、お気軽にお問合せください。