宮崎椅⼦

WONDERWOODの椅⼦の選択

WONDERWOODの選ぶ椅⼦の条件。それは、座り⼼地はもちろんのこと、本物の無垢の⽊材を使っていること、デザインがミニマルで美しいこと、国産かつ⼿仕事で作られていて職⼈技が光っていること。そのすべてを満たしたのが宮崎椅⼦の椅⼦たちでした。



真似のできない椅⼦づくり

1969年創業の宮崎椅⼦製作所は、「椅⼦と成果を実践する⼀本の⽊であること」をめざす、⽊の椅⼦づくり専⾨の家具メーカーです。家具デザイナーの村澤⼀晃と⼩泉誠を中⼼に、Inoda + Svejeほか幾⼈かのデザイナーとのワークショップ⽅式でデザインを開発しています。近年は、特徴的なノックダウンチェアやスタッキングチェアの開発を積極的に⾏っています。機能性や利便性という価値を椅⼦にそなえると同時に、こうした取り組みの中から様々なチャレンジやアイデアを⽣み、新しい⽅向性を⾒出すします。⽬指すのは、「他社に真似できない椅⼦づくり」。

 

木取り

多品種・多樹種・⼩ロットで作る

宮崎椅⼦製作所では⼗分に乾燥させた多種の⽊材をストックし、⽊取りから⼀貫した⾃社⽣産で細やかなモノづくりに取り組んでいます。必要なものを、必要なときに、必要な分だけ。受注⽣産体制で、できたての⽊の椅⼦をお届けします。フレームの樹種は、ナラ、メープル、ウォールナット、ブラックチェリーなど6〜8種類からお選びいただけます。使う⼈の好みや、空間のデザインに合せた椅⼦をお選びいただけます。

 

 

⽊地加⼯

精密な⼿しごとと、精密なマシン加⼯

なぜつくるのか。つくり出す先に⽬を向けることが、品質、責任、つくる喜びの源です。その上で、最適なつくり⽅を探求することが技術の役⽬。昔ながらの⼯具も使いながら、機器の正確さや合理性を採り⼊れ、いずれも⼿の延⻑にある道具として使いこなし、モノづくりに活かしたいと考えています。⽭盾を乗り越え、できなかったことができるようになる。そのための技術を探る現場は、挑戦の継続です。

 

 

組⽴・蜜葉仕上げ

⽬と⼿のひらが、精度と品質を向上させる

正確に加⼯されたパーツは⼿作業で組み⽴て、天然成分100%の蜜蝋ワックスで仕上げます。フレームの隅々にまで⽬と⼿のチェックが⾏き届いています。

 

 

裁断・縫製・張り

布と⾰の職⼈が、⽊の椅⼦を仕上げる

裁断・縫製・張りは、椅⼦を仕上げる最後の⼯程。キズを避けながら⾰を裁ち、布⽬を合わせて⽴体的に縫い、⽊部にフィットさせるように布張りをします。職⼈の繊細な技が込められています。

 



WONDERWOOD取扱い椅子一覧

 

オーダーについて

椅⼦の価格はフレーム樹種やファブリックによって異なります。弊社ショールームにて各種⾒本をご⽤意しておりますので、⾒本の中からご希望をお聞かせいただき、お⾒積もりさせて頂きます。

 

配送について

椅⼦によって製造時期が異なります。オーダーを頂いた後、製造の開始から納品まで数ヶ⽉お時間をいただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

 

ご購⼊・ご相談はお問い合わせください。